日々感じたこと、勉強になったこと、思いを忘れないように。成長できるように綴ります。小堀のブログ

*

カメラマンになる方法〜Q&Aに答えてみた編〜

      2015/05/26

こどもの写真を撮るのが好きなのですが、カメラマンになるにはどうしたらいいですか?

とあるママさんに、昨日の夜こんな質問を頂きました。

今日はよく頂く質問にそのまま本当に、ズバリ答えてみます。
まずはこれ、一番多いやつですですね。

質問:カメラは何を使っていますか?

答え:キャノンのeos mark3とeos 6Dというカメラをそれぞれ2台使っています。
(故障がつきものなので、2台づつ使っています。撮影中に何度壊れたことか。涙)

耐久シャッター数というのがカメラにはありまして、
mark3は30万回シャッターを押したら寿命、
6Dは15万シャッターで寿命となります。
オーバーホールすれば、また使えますが。
今までの平均では、年に2台づつ寿命が来て購入しているので、かなりのシャッター数を切っていることになります。笑

質問:写真の技術はどこで学びましたか?どうやって独立しましたか?

答え:写真の技術は、一番駆け出しの頃の話になりますが
原宿にある明治神宮のブライダル撮影をしながら、ストロボライティングを学ぶため写真の学校に通いました。
ブライダル撮影は、最初の半年間は見習いで無給でしたのでバイトしながらって感じでした。

女性の師匠にも習っていたことがあります。
今でも大好きで尊敬できる師匠です。(師匠はブライダルをメインで活動しています)

最初はブライダルの撮影の他に、ライブ、アーティスト写真、雑誌の撮影、
ネットショップ用の商品撮影など、色々な撮影の仕事をしていました。

カメラマンを目指して最初の3年は、年間360日は間違いなく撮影していたと思います。
お正月も撮影していました。

3年続けて、少し自分の写真に自信がつき、
一番好きだと感じた、キッズ・ファミリーフォトをメインでやっていこう!と思い
出張撮影でフリーカメラマンになりその数年後にスタジオを構えて、株式会社を立ち上げ今に至ります。

質問:はじめるのにいくらかかりますか?

答え:具体的に説明するのはかなり難しいですが、メインで使うカメラ2台、レンズ、パソコン、ストロボ等以外とかかります。

自分はスタートする当時、全く資金が無かったので
持ってるお金になりそうな所持品を全て売ってカメラの機材を買いました。
バンドをやっていた時のギターやアンプなどを全て売って100万位になりましたが、全然足りず、働きながら買い足していきました。

質問:カメラマンて儲かりますか?

答え:これ、すんごい色んな人から聞かれます。笑
でも、儲かりそうだからカメラマンになろうとしているのなら、やめておいた方がいいでしょう。
ビジネススキルがあればどんなジャンルでも稼ぐ事はできるでしょうし、無ければ何をやっても稼げません。

ですので、儲かるかどうかに業種は関係ないと思います。

目立つカメラマンしか注目されないので華やかに見えますが、ご飯が食べられない人が圧倒的に多いです。
よくカメラマン業界で言われている話ですが、カメラでご飯が食べられるのは1000人に一人、一流になれるのは10000人に一人だそうです。

すごく具体的に言うと、フリーカメラマンとしてやっていきたいのでしたら
月に40万以上の売上があって、やっと手取り20万位の生活ができると思った方が良いと思います。

そんなに何にかかるの?
と、思われるでしょうが、機材だけではなく自分にどんどん投資をしないと仕事は増えていきません。

カメラの機材以外にも、時には場所代(レンタルスタジオ代)、移動や打ち合わせにかかる費用、広告宣伝費、WEB制作費、その他諸々、全て自分でまかなって、勿論社会保険もありませんから保険や税金なども自分で手続き・支払いをします。

会社にいれば会社が負担してくれる部分もありますが、保証も何もありません。
仕事が無い時には収入はゼロです。

でも!
成功している人も、勿論います。
そんなカメラマンの友人を見ていると共通点が見えてきます。

こんな人はカメラマンに向いていると思います。

・自分の成長を楽しめるタイプ、ストイックな人、
・すごーくマメな人
・仕事とプライベートを分けずに、365日仕事をしても苦にならないタイプの人
・言い訳しない、人のせいにしない人。
・健康維持に気を使える人。
フリーになったら全てが自分の責任ですからね。
最後の健康維持は、自分は苦手で今スポーツジムで鍛え中です。笑

それとこちらもすごく大切。フリーで食べていくには
・ブランディング力
・コミュニケーション力
・マーケティング力
などカメラの技術以外にも色んな力が必要です。
WEBについてもある程度わかった方が有利です。
(自分は18歳位の頃からWEBを作ったりしていました)

本当にズバリ答えてみました。笑
中々、言いたがらないと思いますよこういう話。笑

でも本当によく聞かれるんですよね。

みんながみんなカメラマンになりたい訳じゃなくても、
自分と違う業種って気になるのかもしれませんね。

どうでしょうか?
あくまでワタクシ小堀の意見ですが、参考にして頂けたらと思います。

カメラマンになる方法

好きな事に挑戦することは、もちろんデメリットもありますが
本当に努力した分だけ仕事を好きになれるというメリットがあります。

自分は毎日仕事が楽しくて大好きです!
読んで頂き、ありがとうございました!

キッズフォトスタジオコボ戸田店

フォトスタジオコボ東浦和店

The following two tabs change content below.
小堀まさのり

小堀まさのり

代表取締役株式会社PANORAMAVISION
こちらのブログは、日々感じたこと、学んだこと、思いを綴ります。 スタッフと共に自分の成長に繋げたいと思います。

 - なりたい自分になろう

  記事をシェア

  関連記事

カメラマン小堀
体を作る!常にベストコンディションでいる為に

今回何故、鼻の手術をすることにしたかと言うと、自分のパフォーマンスを上げるためで …

カメラマン小堀
いつでもできる!楽しい仲間を引き寄せる方法

前にも少し書いた気がしますが、幸せを呼ぶのも、仕事をスムーズに進めるにも一番効果 …

なりたい自分になる方法
なりたい自分になる方法

あなたはなりたい自分になれていますか? なりたい自分はどんな自分ですか? 本当に …

家族の時間を大切に〜娘と陶芸〜
家族の時間を大切に

少し早めの夏休みを頂いて、二泊三日、 山梨県八ヶ岳に家族旅行に行ってきました。 …

ロケーション撮影
好きな事を仕事にする?好きになるまで仕事をする?

好きな事を仕事にする。 好きになるまで仕事をする。 どっちも素敵な事だと思うけど …

ハイパフォーマー思考
ハイパフォーマー思考〜朝ご飯を変えるだけでこんなに変わる〜

人の脳って、ほんとに面白いなって思うのです。 質問を投げかけると、すごいスピード …

PDCAサイクル
プライベートも仕事も同じ!PDCAサイクルを回すことが重要な理由

先日、ある飲みの席で仕事ができる人・できない人の違いって一体何なのか。 そんな話 …

仕組みが9割
スタッフが同じミスを繰り返してしまう時は〜仕組みが9割〜

今朝の出来事です。 以前と同じミスをスタッフが繰り返してしまって、普段怒る事はま …

ブライダル前撮り撮影
責任と自由は同じバランスで

パソコンとにらめっこタイムが増えてきました、どうも小堀です。 今日はちょっと真面 …

仕事ができる人の共通点
仕事ができる人の共通点

周りにいる仕事が出来る人を観察していると、ある共通点が見えてくる。 それは頑張ろ …