日々感じたこと、勉強になったこと、思いを忘れないように。成長できるように綴ります。小堀のブログ

*

写真のクオリティ(質)を上げる方法

   

こんにちは小堀です。
この記事はカメラをはじめて間もない方。
これからプロを目指したい、という方向けの記事です。

カメラマンになるには

量から質が生まれる。質はいきなり上がらない。

最初はとにかく量を撮ることが必要不可欠。
毎日何がなんでも撮る、撮る、撮る。

その量の中から質はでてきます。
最初の3年は量、次の3年でさらに質を高める。
この順番がオススメ!

3年を過ぎて次のステップへ

3年して次のステップに進むには、
いろんな場所に行ったり、いろんな体験をしたり、
そこからアウトプットする。

そしてここがすごく大切!
撮っていない時にも常に光を意識する。

町中に写真は溢れています。
バスや電車などの移動中など
目に入ってくる写真を見ては研究する。

どんなライティング?
どんなセット?

好きな写真を見つけたら、どこに惹かれたのか。
あるいはダサい写真を見つけたら何がダサいと思う部分なのか。

それを考える癖がつくかどうかでかなり差が出てきます。

これからカメラマンになりたい人へ。
まずは量です。場数です。

いきなり上手くはなりません。
質は上がりません。
ですが、かならずやった分は自分に返ってきます。
凹んで諦めずにまず3年頑張りましょう。

小堀

The following two tabs change content below.
小堀まさのり

小堀まさのり

代表取締役株式会社PANORAMAVISION
こちらのブログは、日々感じたこと、学んだこと、思いを綴ります。 スタッフと共に自分の成長に繋げたいと思います。

 - これからカメラマンになる人へ

  記事をシェア

  関連記事

PDCAサイクル
プライベートも仕事も同じ!PDCAサイクルを回すことが重要な理由

先日、ある飲みの席で仕事ができる人・できない人の違いって一体何なのか。 そんな話 …

カメラマン 求人
隙間時間を使えてる?〜仕事で結果が出せない人へ〜

カメラマンは撮影していない時間をどう過ごすかで、その撮影の質が変わってくる。 そ …

1万時間の法則
1万時間の法則。カメラマンになれる人・なれない人

どうも小堀です。 今日はカメラマンで一人前になるにはどのくらいの時間がかかるのか …

カメラマンのブランディング
なんでも撮れるカメラマンほど、仕事が取れない理由

※この記事はこれからカメラマンになりたい人に向けて書いています。 少しでもお役に …

カメラマンになるには
仕事をつくれるカメラマンになるには

前回の記事で、カメラマンとして食べていくには ・仕事をもらう ・仕事をつくる の …